MENU

人気のカニ通販

カニ通販|カニ通販するなら本場のカニ通販業者で

年末年始、帰省中の家族が集まる時期と併せ、寒さとともに鍋料理が恋しい時期にもなります。
数ある鍋料理の中で、ちゃんこ鍋、すき焼き、魚すき、キムチ鍋、あんこう鍋、ふぐちりなどの定番の鍋に混じって、冬の味覚であるカニ鍋を囲む家族も多いのではないでしょうか。
カニは、冷凍技術の進歩により1年中食べられるようになりましたが、カニ漁が解禁となる冬場のカニは一味違い最もおいしい時期となります。

 

カニ、世界中で食べられていますが、カニ丸ごと食べる習慣は日本人のみとなっています。イタリア料理やフランス料理にカニが使われますが、カニミソのソースやカニ身を使った料理でカニの姿はどこにもありません。

 

中国料理に上海カニの料理がありますが、こちらはカニを丸ごと高温で調理して四川ソースをかけて食べるものとで、濃厚なカニミソと四川ソースが絶妙にマッチしています。

 

我が国日本のカニ料理は、カニ丸ごとをポン酢などで食べる方法と、カニ鍋、天ぷらなどがありますが、一番多く食べられる方法としてはカニ丸かカニ足のみをポン酢で食べる方法となります。カニは、シベリアや北海道、日本海に多く生息しており、捕れる期間は限られていますので、生のカニを食べるには、産地に出向くしかありません。しかし、近年では冷凍や冷蔵技術が進歩したおかげで、カニの産地から遠く離れたところでもおいしいカニを購入することができるようになりました。そして、日本人のエビやマグロと並んでカニ好きが講じて、カニ通販の需要が非常に高まるものとなりました。

 

カニ通販で売られているカニの多くは、ズワイガニかタラバカニとなっており、産地はロシア産が主流となっています。国産カニのブランドと言えば、鳥取の松葉カニ、越前三国の越前ガニ、北海道・三陸の毛ガニが最も有名ですが、これらは漁獲高が非常に少なく驚くほど高価なため通販として流通することはまずはありません。ただ、悪質な通販の中には、外国産のカニを偽って国産カニとして売ることもあり、近年ではカニ通販を巡ってのトラブルも急増してるのでカニ通販を通販する時はしっかりと産地を確認しましょう!